*

20年以上ヘビースモーカーだった私が禁煙した方法(続編)

公開日: : 健康と病気

1日3箱。多い時で4箱が私のたばこのペースでした。ヘビースモーカーだった私がたばこをやめたきっかけは値上がりと一冊の本でした。以前も少し記事を書いてみたのですが、今回は完結編です。実際にやめた瞬間から完全にやめ切ったところまでを具体的にお話していきます。
禁煙

本気で思うかどうか

たばこをやめてみようかな。と思ったことがある人は多いと思いますが、”本気”でやめようと思った人は意外と少ないのでは?と思います。
本気かどうか。これがもっとも肝心だと思うのです。

私の場合は20年以上たばこを吸ってきて一度も本気でやめようと思ったことはありませんでした。上辺だけで「禁煙」と言ってみたり、「その気になればいつでもやめられる」と言ってみたり。

まずは本気で「やめる」と思えるかどうかが重要なポイントだったと思います。

洗脳を解く

結局のところ、たばこに脳みそが支配された状態なわけです。たばこを吸ったら気持ちいい。
仕事がはかどる。
すっきりする。
リラックスする。
・・・・
頭がそう思い込んでいる状態なんですね。だから次々とたばこに火を点ける。
この状態の中で”本気”でやめようと思えるわけがありません。
まずは本なりを読んで正しい知識を入れてしまうこと。それがきっかけとして重要なことではないかと思うのです。

ニコチンは体に害があって体はニコチンを拒む。匂いも害のある匂いで、服などにつくと臭いし、ヤニだって不潔である。

こうして事実を認識していくと百害あって一利なし、というのがわかってくる。しかも集中できる、リラックスできる、というのも単なる幻想にすぎず、たばこを吸わずに仕事をしている方がはるかに時間効率はよいしリラックスはサウナの方がよっぽどできたりするのですね。
そもそもたばこを吸っていると、息が苦しいし心身ともにリフレッシュできるスポーツに難がでてしまうという問題だってあるんです。

103

実行について

私の場合は、そういう風にしてまずは頭の中をしっかりとリセットすることに時間をかけました。その間はたばこを吸い続けていました。
たばこの事実を知れば知るほど、なぜ自分はたばこを吸っているんだろう?という疑問がでるようになってきました。そのタイミングで私は禁煙をスタートしました。

数時間もすれば自然とたばこがほしくなります。ニコチンの禁断症状ですね。これはもう耐えるしかありません。たばこを吸っている自分をイメージしてそれがいかに害のある行為なのか、ということを自分自身に言い聞かせるわけです。
次の試練は翌朝ですね。寝てしまえばたばこのことは忘れますが、朝の一服が習慣になっていた私は寝起きにかなり苦しい思いをしました。が、昨日たばこを吸っていないこともあって喉がなんだか楽なんです。そのことを強く思うようにしてたばこの害を具体的にイメージしていきます。

2日目の仕事終わり、ビールを飲んでいる時、寝る前、と次々とたばこの誘惑は襲ってきます。が、その都度イメージをします。イメージが弱い場合には禁煙セラピーの本を読み返します。その効果はかなり大きく、洗脳されてきた自分がばからしく思えます。

1週間後くらいにふと強烈に吸いたくなるタイミングがやってきます。この時にも本を読みイメージを膨らませ、吸っていない自分の健康的な生活をイメージします。結局のところ、グッズやニコチン摂取といった療法はたばこを逆に連想させてしまうような気がします。頭を切り替えることこそ禁煙の近道、王道ではないかと思うのです。

禁煙成功、その後は?

そうこうしながら結局私の場合は禁煙に成功しました。吸わなくなってからもう5年以上経ちます。ここまでくるとまったく吸いたいという気持ちがわきませんし、飲み会などで周りの人がプカプカしていても全然平気です。
やめて2年後くらいに一度飲み会の席で友達にたばこをもらって吸ったこともあります。ビールを飲みながら立て続けに3本ほど。このたばこは確かにうまかった!でも不思議なことに、その後吸いたいとは思いません。もちろん翌朝にはすっかりそんなことも忘れている状態です。
一度しっかりと禁煙してしまうとかなり強い意志でたばこを遮断できることがわかりました。
何よりも運動をしていて楽になったことや、服の匂いがなくなったこと、体臭もよくなり、食べ物だって美味しく食べられるようになりました。お金もたばこ以外もことに使えるようになりましたので趣味に贅沢ができるようになりました。いいことずくめな気がします。
デメリット?まったくなかったですね!

前回のたばこの記事はこちら

ad

関連記事

生命保険

生命保険は本当に必要か!?

5千万円の貯金が一つの目安になる保険 唐突な話題ですが、これ考えたことありますか? 漠然と「入っ

記事を読む

コンタクトレンズ

コンタクトレンズにしてみた

もうずっと数十年、メガネのお世話になっています。 そんな私がコンタクトレンズに興味をもったのは数年

記事を読む

ビール腹はほんと?

ビール腹って本当?アルコールは太る?

ビールばかり飲んでいるとビール腹になると言いますが、実際のところ本当にそんなことがあるのか、前から疑

記事を読む

風邪1

風邪に効くのはどれ?

風邪を引いたらみなさんどんなことをしますか。親戚や親、学校の先生、または友達から聞いた方法を試してい

記事を読む

筋トレ

筋トレの正しい方法

自分の中で長い間腑に落ちなかった筋トレ。同じようなトレーニングをしていてもどんどん筋肉がついていく人

記事を読む

glass

眼鏡が曇ったら、眼鏡の曇り止めオススメは?

この時期、風邪や花粉症の予防でマスクをする人が急増します。実際、風邪にマスクの人たちは急増しています

記事を読む

風邪とうがい

うがいの効果(風邪予防)

風邪には「手洗いとうがい」は日本人の常識。 でもこれって本当に意味があるのでしょうか?前回は風邪

記事を読む

ビールは二日酔いしやすい

同じお酒なのに二日酔いのしやすさに差がある気がする

私は毎日ビールを飲んでいるのですが、たいした量も飲んでいないのに二日酔いをしてしまうことがあります。

記事を読む

汗と臭い

汗臭い原因

汗をかくとやたらと臭くなる。この原因って一体何なのだろう?と考えたことはありませんか。私はあります。

記事を読む

サウナ

サウナの効果

以前、風邪にサウナは効くか?というテーマで記事を書いたところ、たくさんの方に見ていただいたことが分か

記事を読む

ad

ad

EM050706
ねこ島って何?猫とアートで有名な男木島

昨今のねこブームでよく耳にする「ねこ島」。青島を筆頭に、田代、真鍋、男

glass
眼鏡が曇ったら、眼鏡の曇り止めオススメは?

この時期、風邪や花粉症の予防でマスクをする人が急増します。実際、風邪に

コンセント
家庭用の電気プラグで感電死するのか?

家で電化製品などを触っている時にコンセントに触れてビリビリときてしまっ

お風呂
風邪の時にお風呂は入ってよいのか

風邪の時にサウナに入るべきかについて過去に記事を書きました。 ・サウ

サメ
シュノーケリングや海水浴とサメの危険性について

夏といえば海。海といえば海水浴やシュノーケリング。今年は日本の海水浴場

→もっと見る

PAGE TOP ↑